介護福祉士の資格を持つ、介護職・管理職・管理者・経営者のみなさまへ

令和2年度厚生労働省老人保健健康増進等事業
「キャリアアップ等の在り方に関する調査研究事業」ご協力のお願い

本調査研究事業委員会 委員長 公立大学法人神奈川県立大学 名誉教授 太田貞司
㈱日本能率協会総合研究所 福祉・医療・労働政策研究部長 川村静香

 

■調査目的■
 (株)日本能率協会総合研究所では、令和2年度厚生労働省老人保健健康増進等事業「キャリアアップ等の在り方に関する調査研究事業」の公募において採択され取り組んでいるところです。
 専門性の高い人材である介護福祉士は、継続的な質の向上と、サービス種別等に応じた多様な役割に応じた能力が求められています。そこで本事業では、介護福祉士のキャリアパスの類型化を行い、その特徴を踏まえた支援の在り方について検討を行うため、介護福祉士資格取得後にどのような知識・技術の習得が求められるかを把握する調査を実施することといたしました。
 本調査の趣旨をご理解いただき、ぜひご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

※ 本依頼状は、すべての施設・事業所から無作為に抽出した20,000施設・事業所にお送りし、その施設・事業所で介護福祉士の資格を持つ、介護職・管理職・管理者・経営者の方に協力をお願いしております。

 

【調査結果について】

  • 調査結果は、施設・事業所がわからないように加工し、報告書を事業者のホームページ等にて公表いたします。

【注意事項】

  • 調査への協力は任意です。調査に協力しないことで不利益を被ることはありません。回答画面での回答をもって、調査協力に同意頂いたものといたしますが、ご回答いただいた場合であっても、回答後に協力を撤回することができます。
  • アンケート回答開始後は、一時中断することができません
  • 調査で得られた内容は、安全措置を講じてデータの漏洩がないように保管し、施設や回答者が特定できないよう統計処理をいたします。また、研究終了後は、個人情報に該当するデータを破棄いたします。
  • なお、本調査研究事業の委員などの求めに応じ、機密保持契約を締結したうえで個人情報を除くデータを提供する場合がございます。

【ご回答方法のご案内】

  • 下記の「調査用ページへ進む」をクリックしてご回答ください。
  • 送付している依頼状にIDとパスワードを記載していますので、お手元にご用意ください。パスワードは貴施設の事業所番号です。
  • 回答開始後は、中断することができません。お手数ですが、アンケート回答窓口に掲載されている調査票で、あらかじめ内容をご確認の上、ご回答くださいますよう願いいたします。
  • 回答中に前の設問に戻り回答を修正したり、送信前に回答内容を一覧で確認・出力することができます。

【ご回答期限】

  • 2020年12月18日(金)まで

調査用ページへ進む

QRコードはこちら

 

【本調査に関する問合せ先】(本調査研究事業の採択事業者)

 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル5階
 株式会社日本能率協会総合研究所 社会イノベーション研究事業本部
 福祉・医療・労働政策研究部 本件担当:川村、瀧川、笹森
 電話:フリーダイヤル 0120-304-603または03-3578-7677(平日10~17時)
Fax:03-3432-1837
 EMAIL:anq129_info@jmar.co.jp